東野圭吾の傑作ミステリー小説「悪意」
 ちょこっと小説レビュー
  
■ 悪意 〜東野圭吾 
 
 ちょこっと小説レビュー >> 東野圭吾 >> 悪意
  悪意

 2001年ドラマ化した名作
東野圭吾/悪意
 + 悪意(あくい) 〜東野圭吾
 ジャンル : ミステリ
 出版社 : 講談社文庫
 初版刊行 : 2001年1月15日
 お薦め度 : ★★★★

 + あらすじ
 人気作家・日高邦彦が仕事場で殺された。第一発見者は、妻の理恵と被害者の幼なじみである野々口修。犯行現場に赴いた刑事・加賀恭一郎の推理、逮捕された犯人が決して語らない動機とは。人はなぜ、人を殺すのか。超一流のフー&ホワイダニットによってミステリの本質を深く掘り下げた東野文学の最高峰。

 + 管理人レビュー
 すべての展開が手記という形で記されていて、いつもの本を読むのと違った視点で読むことができます。犯人逮捕で終わった…と思った展開から続くストーリーはなかなか読み応えがあります。
 2001年ドラマ化しました…公式サイト


 ちょこっと小説レビュー >> 東野圭吾 >> 悪意 
Copyright (c) 2006 ちょこっと小説レビュー All rights reserved.